AUNG COFFEEがミャンマースペシャルティコーヒーの専門店、MYANMAR COFFFEE LABをオープン


ミャンマーのスペシャルティコーヒーを専門に自家焙煎販売を行っているAUNG COFFEE – アウンコーヒー(東京都・新宿区)は、2020年9月19日に東京・牛込柳町にミャンマースペシャルティコーヒーの専門店MYANMAR COFFEE LAB、カフェ&ロースターをプレオープンする。

ミャンマーコーヒーを専門に自家焙煎でオンライン販売を行うAUNG COFFEEが、初の店舗となるAUNG COFFEE MYANMAR COFFEE LAB カフェ&ロースターを新宿区 牛込柳町にオープンする。AUNG COFFEEではこれまでシャン州ユワンガン産及びマンダレー州モーゴウ産のコーヒーを中心に自家焙煎販売を行ってきた。
今回、2020年度のニュークロップ(年内収穫豆)を、ミャンマーの4つのコミュニティから19種類のマイクロロットを自社輸入し自家焙煎販売を開始する。これまでのユワンガン産、モーゴウ産に加え、近年、ミャンマーのコーヒー豆品評会で1位を獲得するなど注目が高まっているホーポン地区、ピンラウン地区のコーヒー豆もラインナップする。全19種のマイクロロットコーヒー豆は、全てミャンマーのコーヒー豆品評会でTOP3に入賞するコミュニティのコーヒ―で、栽培地域・品種・製法によりそれぞれが特徴のある風味を持っている。MYANMAR TOP SELECTIONとして店舗、オンラインでの販売を開始する。

カフェ&ロースターは店内12席。プレオープン中は午前10時~午後7時までの営業。ドリップコーヒー(R360円)をはじめカフェラテなどのエスプレッソのドリンクに加え、ミャンマーの特徴あるコーヒーのカフェメイミョー・アイスレモンコーヒーなどのドリンク、オリジナルケーキ各種を取り揃える。
コーヒー豆は、4つのエリアのコーヒー豆をそれぞれ1種づつとTOP OF TOP (品評会優勝コーヒー)を1種、の合計5種のコーヒー豆を提供(時期により提供するコーヒーは異なる)。ハンドドリップコーヒー(500円~)として、それぞれのコーヒーのオーダーが可能。10月のグランドオープン後は、焙煎機を増設し、座席数を拡張予定。

【2020年9月19日 プレオープン】

MYANMAR COFFEE LAB
牛込柳町店 

住所:   東京都新宿区原町2-7-6
TEL:    03-6873-3112
営業時間: AM 10:00 - PM 7:00 
定休日:  不定休

*営業時間・定休日は予告なく変更される場合がございます。最新情報はTwitterにてご確認下さい。 
https://twitter.com/AUNG_COFFEE

IMG_5852

アクセス:
都営大江戸線牛込柳町駅 西口 徒歩1分


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です