世界中から注目されるミャンマーのコーヒー

myanmarcoffee

ミャンマーは東南アジア(タイ・インド・中国と国境を接する)の亜熱帯気候に位置し、良質なコーヒーが栽培できるコーヒベルト(赤道から南北25度)に全土が収まります。また2,000mを超える山々が連なり、肥沃な土壌で質の高いアラビカ種のコーヒーが栽培されています。

近年の民主化によりアジア最後のフロンティアともよばれ経済的にも目覚ましい発展を続けています。
もともと質の高かったミャンマーのコーヒー豆は、近年の更なる栽培技術の進歩もあり、世界の珈琲業界の注目を浴びています。
国際的コーヒー評価機関SCAA(Specialty Coffee Association of America)においても、高い品質レベルが認められています。

AUNG COFFEEでは直接生産地に出向き、生産者と直接コミュニケーションをとりながら
クオリティの高いコーヒーのみを生豆のまま独自に仕入れています。
AUNG COFFEEでは注文後に生豆から焙煎を行うのでフレッシュで香り高い最高の状態のミャンマーコーヒーをお楽しみください。

ミャンマーコーヒーのご注文(Web Shop)

Myanamar04

ミャンマーのコーヒーとは

最近、ミャンマーのコーヒーが注目されてきています。
実はミャンマーでのコーヒーの生産の歴史は古く、イギリス植民地時代の1885年に宣教師によって伝わったとされています。
ミャンマーは四方を標高の高い山々に囲まれており、質の高いアラビカ種のコーヒーを栽培できる土壌があると言われていますが、
栽培技術も高くなく、そもそもイギリスの植民地時代の名残からお茶(ミルクティー)を飲む文化が根付いていて、
これまでの閉鎖的な国政の事情もあり、あまり活発ではなかったそう。

しかし、最近では民主化をきっかけに海外のNGO団体からの技術支援もあり、コーヒー豆のクオリティが上がってきて注目を浴びるようになりました。

・イギリスの統治が始まった1885年に、宣教師によってMyeikとDaweiにて栽培が始まった。
・カチン州(Thaung Daung地区)にてコーヒー農家がロブスタ種のコーヒーの栽培を始めた。
・1930年にカトリック宣教師がアラビカ種コーヒーをシャン州に紹介した。(Pyin Oo Lwinピンウールウィン)
・1930年から1934年にかけて120エーカーのコーヒー農園(Chaungwe)がシャン州北部のナウンチョーに作られた。
・1935/6年には268トンのコーヒーを生産、175トンが輸出され108トンが焙煎された。
・1998年に100,000エーカーまでコーヒーの栽培を拡張する方針を定めた。
・栽培に適したエリアとして、マンダレー州(ピンウールウィン地区)とシャン州北部(ナウンチョー地区)が選定された。
・2005年には35,485エーカーの農園にてコーヒーが栽培されている

(参考:)http://www.myanmarcoffeeassociation.org/

注目のコーヒー栽培エリアのピンウールウィン(メイミョー)とユワーガン

最近、ミャンマーのアラビカ種コーヒーとして注目を浴びているのは、マンダレー州のピンウールウィンとシャン州のユワーガンです。


■ピンウールウィン(メイミョー)

ピンウールウィンはメイミョーとも言われ、イギリス植民地時代の避暑地として栄えた趣のある街です。
標高は1000mくらいの高原で、珈琲に限らず高原農業が盛んです。
ピンウールウィンにはMyanmar Coffee AssociationやMandalay Cofffee Groupの拠点もあり、ミャンマーコーヒーの中心地といっても良いでしょう。
スーパーでよく見かけるSHITAR Coffeeもピンウールウインが拠点です。
シャン州に近いですが、マンダレー州に位置しています。
この地域のコーヒーは日本にも輸出されており、日本国内で入手できるミャンマーコーヒーはおそらくピンウールウィンのコーヒーでしょう。

■ユワーガン
最近、注目されてきているのがシャン州のユワーガンのコーヒーです。
ヤンゴンのスーパーでよく見かけるGeniusコーヒーの拠点でもあります。
ピンウールウィンよりも標高が高く、質の高いアラビカ種が栽培されています。
また、WINROCKやUSAIDなどのNGOのサポートもあり、珈琲の生産量も増加しているエリアですので今後ますます注目です。

世界のコーヒー生産量。ミャンマーは?


(参考:)FAO(Food and Agriculture Organization)

ミャンマーのコーヒー生産量は2016年のデータで8474tで世界39位。
隣国のタイと比べても1/4程度と、より栽培に適した土地がありながら生産量は東南アジアの中でも低い水準である。
東南アジアの中でも、自国の文化としてコーヒーを飲む習慣があるベトナムとインドネシアはずば抜けて生産量が高い。
今後、ミャンマーでの生産量を増やしていくには国内での消費を増やしていく必要があると思う。

ミャンマーのコーヒーの産地

少しデータが古いですが、各州ごとの生産量は以下の順です。
北部、シャン州の生産が多く、最近では標高の高い山々のあるチン州のコーヒー栽培も盛んになってきています。
北シャンのコーヒはあまり市場に出回っていなく、おそらく中国へ輸出されているものと思われます。

ミャンマー人のコーヒーの飲み方とミルクティー

もともと、イギリスの植民地で会ったこともあり、ミャンマーはコーヒーよりも紅茶を飲む習慣のが多いです。
街中にはラペイエサインというミルクティーを出す喫茶店があり、人々で賑わっています。
コーヒーを注文するとインスタントのネスカフェだったり、というくらいあまりコーヒーを飲む習慣は定着していません。

また、コーヒーの飲み方も独特で、コーヒーの中にライムやレモンを入れて飲みます。

北部のシャン州ではブルーコーヒーといわれる、コンデンスミルクをたっぷり入れた濃いめのコーヒーを好んで飲みます。
IMG_20170319_085520

そのためかスーパーで売られているコーヒーは基本的に深煎り。そして、かなり細かくグラインドされています。