AUNG COFFEEがミャンマー・モーゴウ産コーヒーを新発売。SCAJ2019に初出展。


ミャンマーのスペシャルティコーヒーを専門に自家焙煎販売を行っているAUNG COFFEE – アウンコーヒー(東京都・新宿区)は、マンダレー州モーゴウ産のコーヒーの販売を開始した。2019年9月11日から13日まで3日間開催されるSCAJ2019(WORLD SPECIALTY COFFEE CONFERENCE AND EXHIBITIN 2019)に初めて出店する。

ミャンマーコーヒーを専門に自家焙煎でオンライン販売を行うAUNG COFFEEが、新たにミャンマー・マンダレー州モーゴウ産のコーヒーの販売を開始した。AUNG COFFEEではこれまでシャン州ユワンガン産のコーヒーを中心に直接現地の農家から質の高いコーヒー豆を生豆の状態で輸入し、国内で焙煎、販売をしていた。今回、ミャンマー国内で品質の高さで近年、注目度が急上昇しているマンダレー州モーゴウ産のコーヒーを商品のラインナップに加えた。

マンダレー州モーゴウは、ルビーの鉱山の街(別名:ルビーランド)として世界中にその名が知られている。そのため、政府の厳格な管理により長らく外国人の立ち入りが制限されている地域でもある。
そのベールに包まれたルビーランドで栽培されるコーヒーが近年、高い評価を受けている。ミャンマー国内で実施される品評会(Myanmar Coffee Association主催)において、モーゴウ産のコーヒーが2018年は1位、2019年は2位を獲得した。しかしながら、まだまだその生産量は少なくミャンマー国内においても稀少価値の高いコーヒーとして知られている。AUNG COFFEEはそのモーゴウ産のコーヒーを日本で初めて、本格輸入を開始した。
また、2019年のニュークロップとして、ユワンガン産のコーヒー2種類(ハニー製法/アナエロビック製法)の販売も開始する。

これらのラインアップをたずさえ、2019年9月11日~13日まで、東京ビックサイトで開催されるSCAJ2019(WORLD SPECIALTY COFFEE CONFERENCE AND EXHIBITIN 2019)に初出展する。(※AUNG COFFEEの出展は9月11日のみ)

SCAJ2019はアジア最大級のコーヒー関連の展示会で、コーヒー生産国を含めた25の国と地域、300ブースを超えるコーヒー関連機械・器具等の展示、各種情報・品質に関するセミナーが開催され、2018年度はMyanmar Coffee Associationも出展した。
マンダレー州ピンウールウイン、シャン州ユワンガンなど日本国内でのミャンマー産コーヒーの流通も活発化してきており、AUNG COFFEEはこのイベントを通じて、まだ日本に流通していない様々な地域のコーヒーを日本の市場へ紹介し、さらなるミャンマーコーヒーの認知向上に貢献したい考えです。

*SCAJ2019について http://www.scajconference.jp/


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です