AUNG COFFEEがミャンマーコーヒーフェスティバルに初出店。日本のコーヒーカルチャーを紹介。


coffeefes03

ミャンマーのスペシャルティコーヒーを専門に自家焙煎販売を行っているAUNG COFFEE – アウンコーヒー(東京都・新宿区)は、2018年11月20日から22日まで3日間開催される第2回ミャンマーコーヒーフェスティバル(MYANMAR COFFEE FESTIVAL)に日本のコーヒー店として初めて出店する。

ミャンマーコーヒーフェスティバルは、昨年に続き今回で2回目の開催で、ヤンゴンのシェダゴンパゴダに隣接するPeoples Parkにて開催され、ミャンマー国内で活動するコーヒー産業(生産者・カフェ事業者)や、ベーカリー、喫茶事業者など約130店舗が集結する。
ミャンマーコーヒーフェスティバルではバリスタ競技会やミスコーヒーコンテスト、ベーカリーチャンピョンシップなど様々な催しが予定されている。

coffeefes02

AUNG COFFEEはミャンマーのスペシャルティコーヒーを取り扱う日本のコーヒー店として初めて招待された。イベントでは、ミャンマーコーヒー会社大手のSithar Coffeeとコラボし、ミャンマーでのコーヒー習慣を促進すべく、日本のコーヒー器具メーカーのHARIOの器具を利用したデモンストレーションを実施する。
ミャンマーでは、質の高いコーヒー豆が生産されているのにも関わらず、家庭や職場でコーヒーをいれて飲む習慣が根づいていない。
また、深煎りのコーヒー細挽きにしお湯を注ぎ、上澄みを飲むスタイルが定着しているため、日本や世界中で定着しているフィルターで淹れるコーヒーにはなじみが薄い。

そこで日本国内のみならず海外でも人気の高いHARIOのV60フィルターや水出し珈琲、サイフォンなどのコーヒー器具を利用したコーヒーの抽出をデモンストレーション、体験してもらうことで、気軽に自宅でコーヒーを淹れ、楽しむライフスタイルを提案したい考え。また、ミャンマー人の嗜好に合わせ、苦味のないコーヒーや、様々なコーヒーの飲み方を提案する。
またイベントでは、ミャンマーで日本語を勉強するミャンマー人学生もボランティアで参加。日本の歴史あるコーヒーカルチャーを通じて、ミャンマーとの文化的交流を促進する。

ミャンマーコーヒーフェスティバルは2018年11月20日~22日の10:00~20:00まで、ミャンマー ヤンゴンのPeople Park(Western Park RUBY前広場)にて開催。入場は無料。

HARIO代理店のShithar CoffeeのYu氏とThan氏。
HARIO代理店のShithar CoffeeのYu氏とThan氏。

 

YANGON Education Centerで日本語を学ぶ学生とミャンマー人の嗜好に合うコーヒーを共同企画。イベントで提供する。
YANGON Education Centerで日本語を学ぶ学生とミャンマー人の嗜好に合うコーヒーを共同企画。イベントで提供する。

 

 

 

 

 

 

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です