中国のコーヒーブーム。上海で雲南コーヒーを飲む


このところのスペシャルティコーヒーブームは、
おとなり、中国でも元気なようす。
スペシャルティコーヒーというようりもラテアートブームというのかな。

先日上海にいってきたのでいくつかカフェをめぐってきました。
とにかく、上海はスタバだらけです。
なんと、店舗数はすでに日本の倍以上あるとのこと。驚きです。
あとは、オーストラリアのGloria Jeansががんばってます。

また、Band(外環)や新天地などの人気エリアでは、採算度外視?のコンセプトカフェなど、
新しいもの好きな中国らしい勢いを感じることができます。

↓新天地の S.Engine Coffee
enginec

enginec2

engine3

engine4

エスプレッソマシンがバラバラです。
おしゃれすぎる内装に、丁寧なサービス。
ですが、お値段もそれなりです。

今回は、上記のようなメジャーなエリアは避け、地元のおしゃれさんが集まるというエリアのカフェに
いってきました。
中国といえば、雲南省でコーヒーがとれます。
その雲南省の珈琲が味わえる、cafe del volcanです。

場所は永康路と呼ばれる、駐在さんも多く住むエリア。
陕西南路の駅からお店まで歩く間にも、小さな自家焙煎のコーヒーショップが2軒ほどありました。
うーん、台湾っぽいカフェの店構え。
IMG_7591
IMG_7592

徒歩10分ほどで、cafe del volcanに到着
IMG_7603

cafe del volcanの店はとても小さく、2名席が3つほどと、2,3名が座れるようなベンチシートのみ。
店内はとても静か(客層も)で、中国にいることを忘れてしまいそうです。
コーヒー豆は、焙煎した日も書かれており店内で自家焙煎もしている。

IMG_7598
IMG_7597

バリスタさんは、オーナーさんらしい女性ひとり?と、そのお母さんが手伝っているような、
ほんとにこじんまりとしたおみせでした。

雲南コーヒーは、すっきりとした味わいに甘みも感じることができ、
おいしくいただきましたよ。
IMG_7601

最近は中国でカフェがどんどんふえているらしく、その多くは台湾人が出店しているとのことで、
あらためて台湾のコーヒーのパワーをかんじました。

ぜひ、中国にも落ち着いておいしいコーヒーが飲めるお店があるので、観光や仕事につかれたら
このエリア(永康路)を訪れてみてください。

IMG_7593


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です