ベトナムの卵コーヒーを飲んでみた。ハノイ名物エッグコーヒー


最近LCCも就航し、ぐっと身近になったベトナム。

そして、ご存知の通り独自のコーヒー文化が根ざしている国でもあります。

img_6241

なんとベトナムは、コーヒーの生産量は世界第2位って知っていましたか?

しかしスペシャリティコーヒー市場ではあまり聞かないですよね、その生産のほとんどがロブスタ種だからなのです。
主にインスタントコーヒー用に生産されているのと、ベトナムコーヒー用(独自製法)に使われます。

ベトナムコーヒーといえば、
コンデンスミルクをたっぷり入れて、細引きのコーヒーを金属フィルターでゆっくり濃く抽出するコーヒーですね。
とにかく濃く、甘いのですが、疲れているときには一口でどっと疲れが取れます。

また、ベトナムコーヒーは焙煎時にも風味をつけるためにいろいろなものを混ぜて焙煎します。
バター、砂糖、塩、・・いろいろ(各メーカー独自の企業秘密らしいです)。
もともとは、ロブスタ種をおいしく飲むための工夫から独自の文化が育ったのでしょう。

なので、日本でベトナムコーヒーの器具でコーヒーをいれてコンデンスミルクを入れても、
現地で飲むベトナムコーヒーの味にはなりません。
ベトナムコーヒー用にローストされた豆じゃなければいけないのです。
(チュングエンコーヒー(TRUNG NGUYEN COFFEE)とハイランズコーヒー(HIGHLAND COFFEE)が有名です。)

img_6197

そんな、ベトナムコーヒーカルチャーのひとつ
エッグ(卵)コーヒーをご紹介します。

エッグコーヒーで人気のハノイにある「Cafe Pho Co」に行ってきました。

「Cafe Pho Co」は、ハノイの繁華街&安らぎの場所、ホアンキエム湖の北側にあります。

img_6216

地図を頼りにいったのですが、完全に通り過ぎました。

こんな入口わからないって・・・。

img_6240

商店の中の細い路地を進むと、ありました。とてもレトロな雰囲気。

img_6224

なんと、100年以上の歴史があるそう。
ベトナムコーヒー文化は侮れません。スペシャリティばかりがコーヒーではないということを教えてくれます。

なんと4階建てで、フロアごとに趣きがあります。

img_6225

らせん階段を上って、4Fにいくととても素晴らしい眺め。ホアンキエム湖が一望できます。

img_6235

入口で注文したエッグコーヒー(40,000VND=200円くらい)が、運ばれてきました。

img_6232

インパクト大です。

このとろみ

混ぜても、混ざらない!

img_6233

味はとにかく甘くてボリューミー。
ミルクセーキというよりは、卵の黄身の味わいがねっとりとします。

エスプレッソ+アイスクリーム+コンデンスミルク+卵黄2個分をミックスしたような味わい。
完全にデザートですね。

img_6230
これさえ飲めば、晩御飯はいらなさそうです。

ハノイには、エッグコーヒーの他にも、ヨーグルトコーヒーなど楽しいコーヒー文化が育っています。

日本では味わえないコーヒーをベトナムで味わってみてはいかがでしょう!

img_6236


ベトナムの卵コーヒーを飲んでみた。ハノイ名物エッグコーヒー

” への1件のフィードバック

  1. ピンバック: ホアンキエム湖を眺められるテラスで名物エッグコーヒ in Hanoi ハノイ | 志月仁精の公式ブログ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です