AUNG COFFEE (アウン コーヒー)へようこそ

アウンコーヒーは、市場に出回っていないクオリティの高いミャンマーのコーヒー豆を
現地に直接探しに行き、独自に生豆のまま直接仕入れています。
ほかにはない、アウンコーヒーだけの豆です。

ミャンマーのコーヒーを是非お試しください。

>>ミャンマーコーヒーについて
>>WEB SHOP

AUNG COFFEEはミャンマーからコーヒー生豆を独自に輸入しています

1.ミャンマー各地に出かけます。

mm001

ミャンマーは東南アジア(タイ・インド・中国と国境を接する)の亜熱帯気候に位置し、良質なコーヒーが栽培できるコーヒベルト(赤道から南北25度)に全土が収まります。また2,000mを超える山々が連なり、肥沃な土壌で質の高いアラビカ種のコーヒーが栽培されています。
まだまだメジャーな観光地ではありませんが、タイのバンコクから飛行機で1時間ほど。バンコクから日帰りも可能です。
首都ヤンゴンのシュエダゴンパゴダをはじめ、バガン遺跡やインレー湖など見どころがたくさんあります。
是非、訪れていただきたい国です。

2.ミャンマー各地のコーヒー農園へ



直接農園を訪ね、生産方法や農園の状態を見に行きます。

3.現地のコーヒーのプロとも情報交換


ミャンマーを代表するコーヒービジネスのプロフェッショナルたち

4.独自に輸入


食品輸入の検査、残留農薬、植物検疫等厳しい基準をパスしたコーヒーだけが輸入されます。
生豆の輸入はとても審査が厳しいです。そのため、審査のいらない焙煎済みコーヒーの輸入が一般的ですが、
アウンコーヒーでは新鮮さにこだわり、生豆のまま輸入をします。

5.新鮮さを保つため、国内で焙煎


それぞれのキャラクターにあった焙煎を行います。
焙煎後、1週間以内にお届けします。

AUNG COFFEEのコンセプト

AUNGとかいて、”アウン”と読みます。

ものごとの始まりと終わりを表す”あ・うん”

コーヒーの種から、栽培、加工、焙煎、抽出、全てのプロセスを一貫して関わることを理念としています。

また、コーヒー豆・生産者・焙煎士・バリスタが一体となって”阿吽の呼吸”でつくりだすコーヒーを意味します。

さらには、AUNGはミャンマー語(ビルマ語)で、”成功する・勝つ”という意味です。

地域ごとに特徴のあるミャンマーコーヒーを中心に、

世界の特徴的なコーヒー、スペシャリティーコーヒーを集め焙煎するコーヒーロースターです。

アウンコーヒーは、現地のコーヒー豆(生豆)を仕入れ、自家焙煎にてより新鮮なコーヒーを提供します。

特にミャンマーで流通している焙煎済み珈琲は細引きで深煎りコーヒーが主流で、ストレートで飲むには不向きです。

せっかく質の高いコーヒー豆も輸入中に時間がたち風味が落ちてしまいます。

生豆を自家焙煎することで風味と味わいの高いコーヒーを作ってます。

世界を旅するのが好きで、たまにコーヒー農園や変わったカフェ、ローカルなコーヒー文化に触れる体験を
ブログに書いてます。是非、そちらもご覧ください。

——————————————————-

Twitter・Facebookでつぶやきますので、
よかったらチェックしてみてくださいね↓

https://twitter.com/AUNG_COFFEE

https://www.facebook.com/AUNGCOFFEE.ROASTER/


概要

AUNG COFFEE (アウン コーヒー)

コーヒー豆の輸入・焙煎・小売り、ミャンマーコーヒーの輸入・焙煎・小売り
コーヒー器具の販売

*AUNG COFFEEは現在、オンラインストアのみでのコーヒー販売です。店舗はございませんのでご了承下さい。

お問い合わせ:
TEL: 03-4405-3019
contact@aungcoffee.com